女性

緑内障は早めに治療しましょう|眼科で専門的な検査を受ける

目の病気の原因と治療法

woman

緑内障は、目の眼圧が上昇することによって視神経に障害をもたらしてしまう病気です。一度視野を失うと元には戻らないため、治療は症状の悪化を食い止めるためのものとなります。眼圧を下げる治療方法は人によって変わるため、医師の説明をきちんと聞き自分に合った方法を見つけることが大切です。

» 詳細へ

悪化すると失明する病気

有効成分が入ったサプリでも緑内障を抑制できます。通販サイトなどで安く購入できるので継続しやすいです。

ストレスやパソコンが影響

緑内障は悪化すると失明する病気です。発症すると完治させることはできず、症状が悪化しないように治療をします。日本人の失明原因の25パーセントが緑内障で、40歳以上では20人に1人に症状が見られます。しかも痛みがないので発見しにくく、自覚症状を感じた時には症状が進行していることが多いのです。原因は眼圧が高くなることですが、眼圧が正常でも緑内障を発症する人がいます。眼圧が高くなると視神経が押し潰されて損傷して正常に機能しなくなります。これが緑内障です。眼圧が高くなる理由としては過度なストレスや長時間パソコンの作業を行ったりすると発症します。年齢や性別、近視や遠視の程度、運動や血圧などが眼圧に影響を与えるので、該当する人は注意する必要があります。

ウェブ上でセルフチェック

初期症状が出ないか、出ても気がつかないほどゆっくりと進行するのが緑内障です。そのためある年齢になったら眼科で検査するのが一番の予防法です。早めに発見すれば、それだけ症状の進行を遅らせることができます。わざわざ眼科へ出かけるのが面倒な人に、人気なのがセルフチェックです。ウェブ上にはセルフチェックができるサイトがありますから、それを利用します。複数の項目に当てはまるかどうかをチェックする方法で、不安な結果が出たら眼科で本格的な検査を受けます。このチェックで問題があると判断された場合は、早めに眼科クリニックに行くことをおすすめします。クリニックでは、医師が目の検査を行なって、どこに問題があるのかを正確に判断してくれます。また、治療をする際に不安点があれば、事前に医師に伝えておくことが大切です。カウセリング専門のスタッフを設けているクリニックもあるので、治療に不安を抱えている方はそこを訪れるといいでしょう。

特徴と注意点

man

緑内障の症状の進行はゆっくりと、そして自覚症状が無いのが大きな特徴です。特に視野が狭くなるという症状は眼のお互いの視野をカバーしあうという性質から気づくのが遅くなりやすいです。眼圧が上がって発症する緑内障の場合、風邪薬の服用は特に注意しましょう。

» 詳細へ

症状と病院探し

doctor

緑内障というのは、発症すると視野の一部が欠けてしまうことがありますが、気がつきにくいので、眼科に行って診てもらう癖をつけておくと良いです。病院探しは、インターネットで検索すると便利ですし、自宅の近くであれば安心です。

» 詳細へ

Copyright©2015 緑内障は早めに治療しましょう|眼科で専門的な検査を受ける All Rights Reserved.